« December 2007 | Main

一番うれしい

半年にわたっていろいろないただきものをしてきたライオンペットさんとのお付き合いも、今回が最終回。

役に立つものをたくさんもらってうれしかった。なかでも今回のいただきものは、さいこー。

何度もいうけど、我が家のネコのトイレ事情はあまり恵まれたものではない。人間と同居だし、かれらの食事場所とも隣接。衛生上も雰囲気上もある程度のこころづかいは必要だろうと、トイレの砂に関してはけっこう紆余曲折してきた。

二匹で一個のトイレという限られた「量」の衛生施設のため、当初、そのまま流せる水洗型の紙砂を愛用していた。

が、成長するにしたがって、あまりにも大量に「流す」必要が生じてきたため、トイレのパイプ詰まりが心配になってきた。我が家の普通家庭用の下水パイプでは、あの固まる紙砂は流れを滞らせることになるんじゃないだろうか? それに大量の水を使うことも、経済上も環境保護上も好ましくない。

ということで、普通の「燃やせる」タイプの紙砂に変更。

これがいろいろあって、たとえばとりかえるときに紙埃のたちやすいもの、ネコくんたちの足の裏にくっつきやすいもの。あんまりかたまらないものなど。

特に固まりにくいタイプだと、ちょっと掃除間隔があいちゃうと、またもとにもどって、かき回し好きのラビッシュ君の手にかかって、汚れてない部分と使用済みの部分が渾然一体となって掬い取ることができなくなってしまう。留守勝ちの我が家ではそういう事態がままあるので、トイレ周辺はえもいわれぬ「カオリ」に満ちていたりするのでした。

というわけで、杉の木の粉だとか、消臭効果を高めたものだとかも使ってみたのだけど、まず杉は問題外、この香りエリザベスは大嫌いで、これを入れると何時間もがまんしてトイレ付近に近づかない。これはまずいでしょう。

で、このライオンペットさんの製品をいただく直前に、偶然買い求めた同じライオンさんの紙じゃない砂がけっこうよかったのです。消臭効果抜群、エリもラビもこれならOK。ただ、残念ながらとても重いのです。ずっと紙砂だったので、この重い砂は捨てるのにけっこう負担。どうしようかなあと悩んでたところだったのです。

よい贈り物とは、その品物の本来の良さに加えてタイミングの良さも重要な要素。おなかいっぱいのところに、今すぐ食べないとおいしくなくなっちゃうようなお料理をいただいても逆にちょっと残念な気持ちになっちゃうのと正反対に、くしゃみが出そうでむずむずしてるとこにサッとティッシュを出してもらったりするととても助かる。それと同じ道理で、うまく届いたのですよ。買い置き切らしてたところに。

有無を言わせず、と思って袋を開いてみました。003

エリザベスが臭いをかぎに来て、微妙な雰囲気。

ためしに今までのと混ぜてみました。

好奇心旺盛なラビッシュは、実はトイレ奉行でもあって、ひとの分まで、すぐ飛んで行ってはかきかきしてるきれい好き。さっそく飛び込んで、満足そうにかきまくり。

おお、見事に、ただよっていた異臭が消える。

これはほんとにすぐれもの。

これだけ使うのは少しもったいないので、今までのお買い得紙砂と適宜混合して、これからもずっと使いたいです。

ライオンペットさん、ほんとにありがとう。002 

| | Comments (28) | TrackBack (2)

« December 2007 | Main